Connecting...

新規会員登録
Blog / 転職活動でリクルーターは使った方が良い?リクルーターを利用するメリットとは
W1siziisijiwmjavmdyvmjuvmdqvndmvmdqvodk4l01haw4gqmxvzybjbwfnzsatideuiejlbmvmaxrzig9mihdvcmtpbmcgd2l0acbhihjly3j1axrlci5qcgcixsxbinailcj0ahvtyiisije1mzb4ndgwxhuwmdnjil1d

もくじ

転職活動でリクルーターは使った方が良い?リクルーターを利用するメリットとは

個人で転職活動を行った際、多数の求人に応募したにもかかわらず、残念ながら一次面接まで至らなかったことはありませんか?もしくは大量の求人数に圧倒されそのすべてに応募し、いくつか面接を受けたものの、一つも内定がとれなかった経験はありませんかもしそのような経験があるのなら、転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。 

近年、ダイレクトリクルーティングなどが盛んになり、個人でも転職活動がしやすくなってきました。しかし、それでもなお、転職エージェントを利用して転職活動を行うことが一般的です。 

それは何故でしょうか? 

今回は、転職活動においてリクルーターを利用するメリットを説明したいと思います。 


リクルーターを利用するメリット

独占求人・非公開求人情報 

個人の専門性、将来の目標に合致する最適な仕事を見つけるためには、出来る限り多くの情報を手に入れる必要があります。インターネットなどでさまざまな情報を手に入れることが出来ますが、各転職エージェントは独占求人や非公開求人といった表に出ていない情報を保有しています。そのため、求職者にとってより価値のある情報を提供することが可能です。 


豊富なネットワーク

リクルーターは、常に各企業・業界内のキープレイヤーと密に連絡を取り合い、関係を構築しています。そのため、このネットワークは、リクルーターにとって最も重要な資産のひとつです。 

これらのネットワークからもたらされる情報は、インターネットでは通常容易に入手できない、企業や業界にとっての重要な情報も含まれます。 

実際、リクルーターは業界に影響を与える重要なニュースについて知ることのできる最初の一人であり、各専門領域における最新の求人、新設企業、新興大手企業について最新情報を常に把握しています。 

また、リクルーターは担当する各企業と密に連絡を取り合うことで、それぞれの企業・ポジションについて、豊富な知識を持っています。そのため、転職相談を受けた際は、それぞれの求職者の特性に合った企業の中から、適切な企業の採用マネージャーを見つけ、紹介することも可能です 

また、リクルーターは既存のポジションだけでなく、それぞれの企業で新しく空きがでたポジションで成功するために何が必要かを熟知しているため、最適な求職者へポジションの紹介することができます。 


フィードバック

よく見落とされがちな面接プロセスの一つに、構造的なフィードバックがあります。もし仮に面接がうまくいかなかったとしても、 今後立て続けに面接に失敗しないように、面接担当者からの有用なフィードバックと具体的なアドバイス聞くことが重要です 

ただし、通常面接担当者からこのフィードバックを得ることは非常に困難でこれらの情報をすぐに共有してくれる面接担当者と出会うことはめったにないでしょう。 

一方、通常リクルーターは、面接担当者からフィードバックを積極的にもらうようにしています。そのため、リクルーターは求職者に対し、 面接担当者からの直接適切なアドバイスを提供できるため、その後の面接にそのアドバイスを活かすことが可能です。 

  

市場価値と競合性

憧れの会社で人気の仕事につきたいと考えている場合、あなたと同じかそれ以上の能力を持つ他の候補者と競争する必要があることを忘れてはいけませんそのため、あなたの現在の市場価値と他の候補者との比較方法を知ることは、憧れの会社から内定をもらうための非常に有益な情報になります 


あなたの市場価値

リクルーターは候補者とクライアント双方と日常的に話をしているため、競争の激しい転職市場でのあなたの価値を知るために役立つリソースとなります 

ちなみにリクルーターが持っている情報には以下のようなものがあります。 

平均報酬と市場競争力のある報酬 

状況要因に基づく予想昇給 

報酬アップのために必要な専門的な経験とスキル 

採用動向と雇用動向 

評価を高める需要の高いスキル 


リクルーターと話をする際は、その面談を利用して業界のベンチマークや必要なスキルを知ることができます。それぞれの企業やポジション、業界の動向などをよく知るために、気になることは質問をしてみてください。 


市場価値を上げるには

リクルーターとの面談中に、あなたはたくさんの質問をされることに気づくでしょう。それらの質問は、リクルーターがあなた自身や資質を理解するためだけでなく、あなたの気付いていない思わぬ盲点(資格、スキル、経験など)を特定し、求職活動全体を通じてあなたをサポートするのに役立ちます。 

求職者は、それぞれが希望する仕事に就くために不足しているスキルや資格に気付いていないことがあります。また、内定後に要求できる適切な条件を知らないことも多々ありますそういった際にも、リクルーターは適切なアドバイスを通じてこのギャップを埋めるお手伝いを行います 

リクルーターとともにあなたの気付いていない盲点を特定し、それを現在の業界の知識とベンチマークと組み合わせる事で、将来の目標を達成するために何が必要か知ることが重要です。必要なことを知ったうえで、希望の仕事を得るための準備を行いましょう。 


適切な採用マネージャーへの推薦フロー

興味のある求人を見つけたときたとえあなたの持っている資格と経験がその求人要件を満たしていても、なかなか最初の一歩を踏み出すことができないことがありますそのような時は、リクルーターに相談してみるのが良いかもしれません。なぜなら、リクルーターは、求職者が転職の各プロセスを進んでいくのを適切にサポートすることができるからです 


適切な採用マネージャーへのアプローチ 

一部の企業には、各ポジションに特化した採用マネージャーがいます。そのため、 履歴書を間違った相手に送ってしまうと、見過ごされたままになる可能性が高くなります。リクルーターはそれぞれの膨大なネットワークと業界内の深いつながりの中から求職者それぞれにとって適切な採用マネージャーを即座に特定しアプローチすることができます。 

リクルーターは採用マネージャー、市場、仕事、会社、そして採用マネージャーが何を望んでいるかを知っているため、それらの情報を上手く活用できれば、他の求職者と比較して常に有利になるでしょう。また、 リクルーターは持っている市場情報を活用しながら、採用マネージャーにその求職者のことをもっと知りたいと思わせつつ、その求職者が会社に何を提供することができるのかを伝えることができます。 


書類ではわからない本当のあなたを伝える

上述のように、リクルーターは採用担当マネージャーに、あなたの正確な描写を伝えることが可能ですそのため、面談では多くの質問をすることがあります。 

それぞれのリクルーターは、企業に対して最善の方法であなたを紹介するために尽力しますが、どのように紹介するかはあなたがリクルーターに伝える情報の質にも左右されることをよく覚えておいてください。 

これがリクルーターが求職者に現在の状況キャリアの目標、そして次の510年後のキャリアをどのようにイメージするか」などについて正直に伝えてほしいと考えている理由です。リクルーターはあなたが教えてくれた情報に基づいて、あなたにとって最適な仕事を見つけるためのサポートを行います。リクルーターがあなたにとって最適な仕事と追加のアドバイスを伝えられるよう、あなたについて正直に伝えてください 


いつリクルーターと話をするべきか

リクルーターを利用するのに最適なタイミングいつでしょうか? 

私たちは、転職を検討し始めたタイミングをおすすめします。事前に自分の市場価値や不足しているスキルなどを知ることは、今後の転職活動を有利に進めるために必要なステップです。 

また、求人情報も日々変わっており、それぞれの求職者にとって最適なポジションの状況も変わっていきます。 

そのような日々変化している市場において、いち早く情報を得ることは、転職を成功させるための重要な要件の一つです。 

もし少しでも転職をお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください。