Connecting...

RGF is a global brand of Recruit Group, Japan
Blog / 転職に成功する人とは?経験者に聞く転職のポイント
W1siziisijiwmjavmdcvmjevmdivmtqvmzevnjm0l05vms0xlmpwzyjdlfsiccisinrodw1iiiwimtuzmhg0odbcdtawm2mixv0

もくじ

転職に成功する人とは?経験者に聞く転職のポイント

能動的にキャリアプランを構築するための手段のひとつである転職。終身雇用制が事実上崩壊しつつある近年は、転職を前向きに捉える傾向が高まっています。しかし、転職活動を始めるにあたって「自分にとって転職成功とは何か」というゴールが明確でないと、何度も転職を繰り返すことになりかねません。 

転職に成功するためのヒントを探るべく、RGFプロフェッショナルリクルートメントジャパンを利用して転職経験した人たちに、成功と感じた転職がどのようなものか、そしてなぜ成功できたのか、理由を伺ってみました。併せて、転職活動で欠かせない企業研究のポイントについてもご紹介します。 


転職経験者が考え、成功した転職 

転職は、職業もしくは働いている職場を変えることです。しかし、重要なのは「転職できたかどうか」ではなく、「転職に成功したかどうか」です。首尾良く新しい会社で働き出すことができても、「前職のほうが良かったかも」「社風や仕事内容が思っていたのと違って、仕事がしにくい」といった後悔や不満が残る転職は、成功とはえません。 

転職経験者は、どのような転職を成功と考えているのでしょうか。また、なぜ転職に成功できたのでしょうか。 


具体的にどんな点で転職に成功したと感じたか? 

では、転職は何をって「成功」とされるのでしょう。また、転職を成功に導くには、どのような工夫が必要なのでしょう 

まずは、実際に転職した人は、何をもって「成功した」と感じているのか、転職経験者に聞いてみました。 


・成長につながる経験ができる 

私が職場に求めるものは、「良好な人間関係」と「自身の成長につながる経験」です。そのため、転職ではその2をともに満たすことが成功であると考えます。まだ転職が決まった段階で勤務はこれからですが、現時点では転職で実現したいと思っていた目的が達成できそうだと感じています。 


未知な領域でのキャリア形成ができる 

製薬会社からコンサルティング会社へという、まったく経験したことがない異業種へ転職することができました。これまで培ってきた自分の強みを活かしつつも、未知の領域で新たなキャリアを形成でき、かつ持続的な成長を期待できる業界へ転職できたことが成功だと感じています。 


・経験と知識を活かして新たな経験ができている 

元々、知っていた会社に転職したこともあって、事前にイメージしていたとおりの環境に身を置くことができ満足しています。これまでの経験・知識を活かしつつ、これまでとはひと味違った経験を積ることも、成功したと感じる理由のひとつです。 


・やりがいを持って働ける 

転職後、仕事にやりがいを持って働けているので、成功したと感じています。 


・職場と仕事の満足度が上がった 

年収が多少アップした点と、いっしょに仕事をするメンバーに恵まれている点で、総合的に前職より職場と仕事に対する満足度が高く、転職が成功したと感じます。また、転職によって、以前から理想としていたレベルの仕事ができる環境を得ることができました。 


なぜ転職に成功できたのか 

転職に成功したと感じている人たちは、なぜ成功することができたのでしょうか。転職経験者が考える、成功の理由を聞いてみました。 


自己研鑽を怠らない 

前職での経験、および自己啓発の一環として学んできたMBAを実務に落とし込んで、コツコツ仕事を進めたことが奏功したと思います。 


自分自身を偽らない 

現職と異なる職種への転職ということで、前職で培ってきた経験やスキルを棚卸し、活かせそうな強みを考えて伝えることを心掛けました。あとは、自分自身を偽らずに、ありのままを話すことだけを考えていました。 


・自分の想いと覚悟を言語化する 

自分の特徴を分析したり、キャリアパスを棚卸したりするだけでなく、自分の想いと覚悟を言語化できるようにノートに書いて整理しました。通勤する車の中で独り言のようにつぶやいていた面接のロールプレイングも、本番で役立ったと思います。また、途中からすべてリモート面接になったのですが、前職で普段からウェブ会議に慣れていたおかげで落ち着いて臨むことができました。 


・着実な実績を持つ 

それまで経験した業務で、着実に実績を重ねてきたこと。ほかの人にない経験や知識という強みを持てたことが良かったのではないかと思います。 


これから転職する人が、成功を勝ち取るには? 

ご紹介した転職経験者の声を踏まえて、これから転職する人が成功を勝ち取るために必要なことは何か考えてみましょう。 


転職の目的を明確にする 

転職を成功させた人に共通しているのは、この転職で何を成し遂げたいかという目的意識がはっきりしていることです。さまざまなリスクをはらんでおり、活動に膨大なエネルギーを消費する転職ですが、なぜ転職するのかを突き詰めて考えていない人も多いようです。 


転職の目的が明確でないと、活動の途中で方向性がぶれやすくなり、転職しても前職と同じような不満を抱くことになるかもしれません。特に、現職に対する不満や不安をきっかけにスタートした転職活動は、応募企業の良い点ばかりが見えて安易な決断をしがちなので注意が必要です。 


また、目的が曖昧なまま転職活動をスタートすると、書類作成や面接の段階で応募先に納得してもらえそうな転職理由を作り上げなくてはなりません。それらしい理由を書き上げて書類選考を通過しても、たくさんの転職希望者を見てきた面接官にはすぐに見破られ、「採用してもすぐに辞めるのでは」「意欲が足りないのでは」と疑念を抱かせてしまうでしょう。 

まずは、転職で本当に問題を解決することができるのか、転職せずに解決する方法はないのかを考えてください。それでも転職を決断したのであれば、転職の目的はっきりしているはずです 


企業研究をしっかり行う 

面接で「活躍できそうにない」と判断される人や、転職してからミスマッチに気づく人の多くは、事前の企業研究が不足しています。気になる企業が見つかったら、しっかり情報収集をしましょう。 

企業研究でチェックしたいポイントは、下記のようなものがあります。 


・事業内容 

応募先の企業がさまざまな事業を展開している場合は、応募する職種に関わりがある事業を中心に、すべての事業について一通り調べておきましょう。それぞれの事業の関連性についても説明できるようにしておくと安心です。 


・職場の雰囲気 

職場の雰囲気が自分にマッチしていることは、長く働き続けるために重要な要素です。一人で黙々と仕事に取り組みたい人は、和気あいあいとした賑やかな職場では活躍しにくいでしょう。仕事内容だけでなく、ワークスタイルやコミュニケーションのり方なども確認しておくことをおすすめします。 


・競合企業 

転職の場合、たとえ異業種へのチャレンジであっても即戦力としての活躍が期待されることがほとんどです。企業研究だけでなく業界研究も行い、業界の基礎知識は一通り頭に入れておくようにしましょう。 

業界内の競合とその強みは、必ず確認しておきたい情報です。業界全体の勢力図のほか、応募先企業の優位性や独自性、今後強化すべき点と併せて理解しておきましょう。 


自分の軸を持ち、優先順位をつける 


転職の目的や実現したいキャリアビジョンについて考え始めると、転職の条件についてあれもこれもとつい欲張りたくなります。しかし、目指すものが多すぎると、活動の照準が定まりません。「これだけは譲れない」という自分の軸を定め絶対に叶えたい条件、妥協できる条件というように優先順位をつけましょう。魅力的な求人があったら、自分の軸に沿っているかを確かめることが大切です。 


転職は、客観的な自己分析と情報収集がカギ 

転職で「成功した」という実感を得るには、丁寧な自己分析で転職の目的を明確にし、必要な情報を十分に収集した上で自分の軸を持って転職活動することが大切です。 

しかし、現職と並行してキャリアの棚卸や企業調査を行う場合、かなりの時間と労力を費やさなくてはなりません。自分で調べていても、わからないこともあるでしょう。 


転職活動の迷いをなくし、失敗を未然に防ぐために、転職エージェント活用がおすすめですRGFプロフェッショナルリクルートメントジャパンは職種業界に精通したコンサルタントが一人ひとりのキャリアプランの相談にり、転職成功までしっかりサポートいたします。不況下で転職するべきか悩んでいる人は、ぜひご相談ください。 



新しい機会をお探しの方

  • 転職をご検討の方は、こちらから無料相談にご登録ください。

  • グローバル人材をお探しの企業様は、こちらからお問い合わせください。

  • RGF PR Japanでのキャリアをお探しの方は、こちらからご登録ください。