Location: Japan - Tokyo
Job Type: Permanent
Salary: 7000000 - 10000000 JPY
Job Function: Consultant
Reference: JO-190212-182601
Industry: Energy
Sub-Industry: Electric Power

Company Overview

会社概要:
IT分野のコンサルティングに留まらず、総合力を基に、電力・鉄道・水道・道路等
社会インフラを含めたコンサルティングへ発展させていくことができます。長年の日本政府とのリレーションや
各国政府とのリレーションを基に、公共のグローバルビジネスを進めていくことができます

Job Description

職務内容 ◇部隊の概要
・グローバル専門コンサルティング部隊は、英語という公用語を用いながら人種・国籍・文化を飛び越えボーダレスに課題を解決し、お客様を導いていく専門部隊です。
主にグローバルで製造業の業務やシステムを統合・標準化するプロジェクトで、あるべき業務やシステムの
構想検討や、実行フェーズのプロジェクトマネージメント業務がメインになります。

◇対象業種と対象ソリューション
・グローバル専門コンサルティング部隊は、お客様の業種や対象ソリューションを限定しません。
日本の業種の中でもグローバル度合が比較的高い医薬や自動車に強いという性格は持っていますが、
お客様がグローバルに仕事をするうえで、困られていることがあれば業種問わず、
ソリューション(ERP導入なのか、IoTなのか等)問わずお客様をご支援していく部隊です。

◇サービスメニュー
・グローバル構想策定:
 ・課題解決のためにグローバルにどのような業務/組織/システムモデルで展開/集約化をするべきかや、
どのようなプロジェクトを推進していくべきかを、現行調査などを交えながらオプションを比較検討し最適な構想を策定します。
 ・(例)コンプライアンス違反撲滅のための業務/組織/システムの構想策定
 ・(例)海外企業のM&A後の業務/システム統合構想の策定
 ・(例)グローバルITガバナンス構想の策定
 ・(例)海外子会社へのERP展開構想の策定(グローバルテンプレートの構築含む)

・グローバルPM/PMO:
 ・構想策定後のプロジェクトフェーズにおいて、単なるプロジェクト管理の枠にとらわれず、
グローバルでプロジェクトを成功させるためのあらゆる支援を実施します。
 ・(例)グローバルプログラム/プロジェクト運営ルール整備
 ・(例)各種グローバルタスクのアプローチ定義
 ・(例)プロジェクトQCDに影響する課題/リスクの根本原因と対応方針の決定
 ・(例)グローバルの業務部門担当者との要件調整
 ・(例)プロジェクトチェンジマネジメント

◇案件規模
・プロジェクト全体では数十人~数百人規模のプロジェクトに日立コンサルティングとしては、2~4名程度の体制で参画
・プロジェクト期間は
 ・グローバル構想策定は3ヶ月程度
 ・グローバルPM/PMOは案件内容により変動が大きいが半年から数年(大きなプログラムなど)程度

◇現行チーム構成
・20名程度(2017年5月時点)

Requirements

◇求める人材像
・必ず英語を使ったグローバル案件を経験してみたい方
・グローバル志向が強い方
・中長期的視点でお客様および日立グループのグローバル化を推進できる方
(グローバル専門コンサルティング部隊に対する需要的にも、
グローバル力強化の潮流的にも、組織拡大基調にあり、
中長期的に当部隊での中核メンバを担っていって頂ける人財を求めています)
対象年齢 24-35歳
応募資格 ◇採用クラス: アナリスト~マネージャークラス

◇必須要件
・英語力(TOEIC 800点以上相当)

・以下いずれかの領域で2年以上の業務経験
 ・コンサルティングファームの経験
 ・システム導入ベンダで設計より上流工程の経験(要件定義など)
 ・事業会社での基幹業務(受発注、生産、物流、会計など)の経験

・かつ、下記の素養を有する方
 ・順序立てて物事を組み立てられる論理的思考
 ・相手目線でのコミュニケーション
 ・役割/責任を遂行するコミットメント