Data Scientist

Location: Japan - Tokyo
Job Type: Permanent
Salary: 6000000 - 12000000 JPY
Job Function: Data Scientist
Reference: JO-191120-205994
Industry: Technology/Online
Sub-Industry: Software Company

Company Overview

【技術の強み】
波動制御を軸に、機械学習・デジタルファブリケーション・VR/AR・人間拡張などの領域で、
高い専門性を持つ人材とトップカンファレンスでの採択実績もある独自技術が集積している研究開発を行う

【同社メンバー】
(代表取締役)
東京大学学際情報学府博士課程修了。報道番組等で直近様々な番組に出演。
日本学術振興会特別研究員DC1、米国Microsoft ResearchでのResearch Internなどを経て,
2015年から筑波大学図書館情報メディア系助教デジタルネイチャー研究室主宰。
2017年からPDTと筑波大学の特別共同研究事業「デジタルネイチャー推進戦略研究基盤」基盤長/准教授。筑波大学学長補佐。
専門は、CG、HCI、VR、視・聴・触覚提示法、デジタルファブリケーション、自動運転や身体制御。
研究論文は、当該分野の最難関国際会議であるACM SIGGRAPHやACM UIST、CHIなどに採択され受賞歴多数。

(取締役COO兼共同事業本部長)
東京大学にてバイオマテリアル専攻修士課程修了。アクセンチュア戦略コンサルティング本部にて、R&D戦略、
デジタル化戦略/新規 事業戦略等を中心にテクノロジーのビジネス化を支援。

(取締役CRO兼共同事業本部長)
PDT共同創業者 東京大学にて博士(情報理工学)取得。
物理と数理を駆使する、波動制御技術 の専門家。超音波技術の研究開発と応用探索に取り組み続け、
非接触触覚、 三次元音響浮遊、人工授粉、創傷治癒、発毛促進など超音波技術の新たな地平を切り拓く。

【案件例】
《音の技術》
・イヤホンを付けなくても右耳、左耳で違う音を聴かせたり、人をトラッキングして音を鳴らすことができます。
⇒3次元のオーディオ技術や指向性スピーカーは様々な用途が考えられ、幅広い業種との共同研究が進んでいます。

《光の技術》
独自の光学系によりプロジェクターを仮想的に眼球内に転写し、視力に依存せずに鮮明な像を見せる
「胴膜投影」の技術など幅広い業種との共同研究が進んでいます。

【これまでにない産学共同モデルを実践】
当社と国立大学法人筑波大学は、「デジタルネイチャー推進戦略研究基盤」についての特別共同研究事業契約を締結。
通常のフローでは、発明・届出ののち権利配分の決定、共同出願契約の調整・締結、ライセンス契約の調整・締結を経て実施となるところ、本モデルでは発明・届出ののち即実施することが可能。総額6.45億円の資金調達にも成功し、社会実装をさらに推進。

Job Description

空間認識領域プロジェクトの開発業務を行なっていただきます。

主に下記の業務
・要件を満たす3Dスキャナーの構成・配置検討
・3Dスキャナーなどを使ったソフトウェア開発
・点群データを用いたアルゴリズム開発
・点群データ処理
・RGB(D)データ処理
・超音波センシングデータ処理
・音声認識
・圧力認識
・センサーフュージョン
・物体検知(RGB(D))

※基本的には手を動かしての開発業務になりますので、マネージメントの方も手を動かして頂きます。

Additional Job Information

年収:500-1200万円
勤務地:東京都千代田区