Connecting...

新規会員登録
Blog / 外資系企業への転職に年齢制限はある?転職を有利にするポイント
W1siziisijiwmjavmtavmtuvmdmvmjavmzuvmzczlzetmsaomikuanbnil0swyjwiiwidgh1bwiilcixntmwedq4mfx1mdazyyjdxq

もくじ

外資系企業への転職に年齢制限はある?転職を有利にするポイント

日本で事業を展開する外資系企業にはさまざまな種類がありますが、一般的に外資系企業とは、海外企業や外国人が一定程度以上の出資をする企業のことを指します。外資系企業を目指した転職活動において、外資系企業ではどのような人材が求められるのか、年齢は関係あるのか、気になる人もいることでしょう。 

ここでは、外資系企業への転職において、求められるスキルや年齢制限があるのかどうかをご紹介します。また、外資系企業への転職を有利に進めるためのポイントについても解説していきましょう。 

 

外資系企業の特徴 

 

外資系企業にはさまざまな種類がありますが、ここでは「経営方針や雇用形態を海外企業や外国人が定めている企業」を外資系企業として、その特徴をご紹介します。 

 

即戦力となる人材を求める 

外資系企業の採用においては、任せたい業務における「専門的なスキルや能力」を保有しているかどうかが重視される傾向があります。入社後は即戦力となって、企業に貢献することが求められるでしょう。 

 

給与など成果主義の傾向がある 

外資系企業では、年齢や勤続年数にかかわらず、高いスキルや能力があれば高収入になります。裏を返せば、勤続年数を重ねたからといって、成果を上げなければ昇給は難しいでしょう。 

 

終身雇用という概念がない場合がある 

一般的に外資系企業には、終身雇用という考え方がありません。「労働者を解雇するには、はたから見て合理的な理由が必要である」といった、一般的な日系企業の考え方が浸透していない場合があります。 

 

外資系企業への転職において年齢制限はある? 

 

外資系企業への転職に、年齢制限はあるのでしょうか?年齢制限の有無や、年齢に応じて求められるスキルについてご紹介します。 

 

35歳を超えても転職OKな企業がある 

前述のとおり、外資系企業では即戦力を求めて採用を行う場合があるため、35歳を超えていたとしても、実力次第で転職できる場合があります。自分が会社にどのように貢献できる人材であるか、根拠となるスキル・実績を提示して、アピールするようにしましょう。 

 

40歳以上の転職ではマネジメント経験が求められる場合も 

外資系企業に限らず、40歳以上で転職を目指す場合、マネジメント経験やプロジェクトチームの統率を行った経験などが求められる場合があります。実務経験に加えて、全体をまとめて仕事を動かしていく能力をアピールできれば、採用される可能性があるでしょう。 

 

外資系企業への転職が有利となるスキル・特性・経験 

 

 

続いては、外資系企業への転職で備えておきたいスキルや特性、経験をご紹介します。 

 

英語力 

企業や部署によって、どの程度の英語力が求められるのかは異なります。専門分野のスキルが秀でているなど、英語力以外に強力なアピールポイントがあれば、英語力は必ずしも必須であるとはいえません。 

しかし、企業によっては上司や同僚と、英語でコミュニケーションをとる場合があります。また、ポジションによっては、海外の本社や外国人の上層部と、英語でやりとりすることもあるでしょう。 

業務上、英語でコミュニケーションをとる機会がある企業の場合、採用では、TOEICのスコアや英語検定の級数などのほか、実務において英語でコミュニケーションを図れることが評価されます。 

 

柔軟性 

外資系企業は国籍や文化など、さまざまなバックグラウンドを持った人が働いている場合があります。異なる文化的背景を持つ同僚や上司の考え方、価値観を受け入れて、円滑なコミュニケーションを図ることができる、柔軟性が必要です。 

 

自主性 

外資系企業では、効率的に成果を上げるため、上司や先輩からの指示をただ待つのではなく、みずから判断し行動できる、自主性が求められます。業務を積極的にこなしていく意欲が必要といえるでしょう。 

 

自己主張能力 

外資系企業では、自分の意見や成果を積極的にアピールしていくことが大事です。会議においても、ポジションや立場にとらわれずに主張したり、アイディアを出したりすることが求められる場合があります。 

 

向上心 

外資系企業では、従業員を長く雇うことでなく、優秀な人材を確保することに重きを置く傾向があります。 

業務に関する学習や資格取得などによって、積極的にスキルアップしようとする向上心が高い人は重宝されるでしょう。 

 

マネジメント経験 

外資系企業においても、マネージャーやディレクターといったポジションでの採用が行われる場合があります。こういったマネジメントポジションの採用においては、マネジメント経験があるかどうかが重視されるでしょう。 

 

外資系企業への転職に向けた対策 

続いては、外資系企業への転職に向けた対策や、しておきたい準備についてご紹介します。 

 

自分のスキルや経験を棚卸して提示できるようにしておく 

TOEICのスコアや、MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)などの資格のほか、「スキルアップのためみずから社内研修を提案した」といったアピールできる経験を書き出してみましょう。その中で前述の、外資系企業で求められるスキルや経験に合致するものをピックアップしてください。 

応募企業が決まっている場合は求人の内容を確認し、企業が求める人材に合わせ、アピールできる内容にまとめます。 

 

スキルを磨いておく 

外資系企業が求めるスキルの中でも、特に定量的なスキルは、勉強して身につけたり、訓練することで強化したりすることが可能です。 

TOEICや英語検定の資格の勉強を行ったり、専門分野の勉強会やセミナーに参加したりするなどして、スキルを磨いておくのがおすすめです。 

 

外資系企業への転職は信頼できるエージェントに相談を 

 

外資系企業への転職を考えているものの、年齢制限がないか気になる人もいるのではないでしょうか。企業によっては、年齢によって求人内容や要求されるスキルが変わる場合があります。 

RGFプロフェッショナルリクルートメントジャパンでは、外資系企業の最新の市場動向を把握し、どのような人材が求められるのかなど、幅広い情報を有しています。外資系企業での活躍を目指すなら、ぜひRGFプロフェッショナルリクルートメントジャパンにご相談ください。