Connecting...

新規会員登録
Blog / 異業種への転職は難しい?メリットや注意点、転職しやすい業界を解説
W1siziisijiwmjavmtevmtkvmdgvmtqvndivodcvms0xys5qcgcixsxbinailcj0ahvtyiisije1mzb4ndgwxhuwmdnjil1d

もくじ

異業種への転職は難しい?メリットや注意点、転職しやすい業界を解説

「幅広い仕事を経験してみたい」「もっと視野を広げたい」と考え、異業種への転職を希望する人がいます。しかし、一般的に異業種への転職は同業種への転職と比べて難しいといわれており、なかなか決心がつかない場合があるでしょう。 

ここでは、異業種へ転職を有利にするためのポイントや注意点をご紹介します。ほかにも、異業種への転職で前職と同じ職種を目指す場合のメリットや、異業種から転職しやすい業界・職種について見ていきましょう。 

 

異業種への転職は難しい?必要なスキルについて 

 

 

異業種の転職は、転職する年代によって難しさが変わります。まずは、異業種への転職に必要なスキルを年代別に見ていきましょう 

 

20代で異業種に転職する場合 

 

20であれば異業種への転職は困難でないといえます。企業によっては、20代の採用において、課題解決能力や柔軟性などのポータブルスキル評価することがあります十分な実績やスキルがなくても、将来性が評価されて採用される場合があるでしょう。 

 

30代で異業種に転職する場合 

 

30代になると、異業種への転職のハードルは20代での転職より高くなるといえるでしょう。これは、30代になると専門的な知識や実績を重視して採用される可能性が高まるからです。 

一般的に30代で異業種に転職する際には、ポータブルスキルだけでなく、実績や専門的な知識・スキル求められます。 

 

40代で異業種に転職する場合 

 

基本的に、40異業種に転職する場合は、マネジメント経験が問われることになります。 

リーダーとしてチームを統率してプロジェクトを達成した経験や、部下の指導・教育を行った経験が評価のポイントとなるでしょう。 

 

異業種への転職で同職種を希望する場合のメリット 

 

異業種への転職で、転職前と同職種を希望する場合は、異なる職種を目指すより困難ではないといえます。特に、エンジニアなど専門職であれば、異業種への転職であってもスキルを活かすことができるでしょう。 

また、同職種で異業種へ転職する場合、さまざまなメリットを得ることができます。 

続いては、異業種への転職で、転職前と同職種を希望する場合のメリットをご紹介します。 

 

給与・待遇がアップする可能性がある 

 

職種が同じあれば、異業種に転職した際に給与や待遇がアップする可能性があります。 

例えば、同じ営業職であっても、平均給与が低い業界から平均給与が高い業界に転職することで年収アップを狙えます。 

また、転職先の業界への特性を持っていた場合、成果がって給与がアップする可能性もあるでしょう。 

 

ビジネスパーソンとしての市場価値を高めることができる 

 

同職種であっても異なる業界に転職すれば前職とは異なる知識やスキルを習得できるため、ビジネスパーソンとしての市場価値を高めることができます。 

前職とはビジネスモデルが異なる職場で仕事をする上で、新しいスキルを身につけることができるでしょう。同じ職種の仕事を続けるとしても異業種を経験することで、ビジネスの視野を広げることができます。 

 

同職種で転職しやすい業界 

 

異業種への転職の難度は、業界によっても異なります。ここでは、同職種を希望する場合に転職しやすいといえる業界を4つご紹介します。 

 

人材サービス業界 

 

人材サービス業界は、異業種からの転職者が多い傾向あります。 

例えば、人材サービス業界のコンサルタントは、求職者の相談役となって支援を行います。異業種でコンサルタントとして顧客にアドバイスや指導を行った経験や、その業界での実務経験があれば、採用につながりやすいといえるでしょう。 

 

メーカー業界 

 

メーカー業界も、異業種からの転職を多く受け入れています 

例えば自動車業界では、「自動運転」の研究・開発が盛んでありIT化も進んでいるため、システムエンジニアの経験者の需要もあります。 

 

IT・ウェブ業界 

 

IT・ウェブ業界は、インターネットの急速な拡大により、人材の需要があるため、異業種から転職しやすくなっています 

メーカーメディア業界のクリエイティブ系職種の方がIT・ウェブ業界職種へ転職するケースもありす。 

 

小売・外食業界 

 

小売・外食業界も異業種を比較的多く受け入れている業界です 

同職種を希望する転職であれば経験を活かして店長やエリアマネージャーまでステップアップすることもできるでしょう 

 

異業種へ転職しやすい職種 

 

職種によっては、異業種・同職種での転職で、それまでのスキルや実績を活かして活躍することができます。続いては、異業種転職しやすい職種を、4つご紹介します。 

 

人事 

 

コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力が求められる人事は、異業種へ転職しやすい職種であるといえます。ただし、研修や教育、採用に関わる人事は、業界の専門的な知識もある程度身につけておく必要があるでしょう。 

 

営業 

 

営業職で求められる提案力や課題解決能力、ヒアリング力などの能力は、あらゆる業種で活かすことができます。また、前職で備えた業界知識を転職先で活かすことができれば、キャリアアップを狙えるでしょう。 

 

エンジニア 

 

エンジニアは、顧客のニーズに合わせプログラムの設計や開発を行う職種です。ITスキルやプログラミングの知識は、異業種であっても活かすことができるでしょう。 

 

経理 

 

経理の知識や経験は、異業種であっても活かしやすいといえます経理は、実績やスキルの汎用性が高い職種であるため、給与アップを狙った転職を検討してもいいでしょう。 

 

異業種への転職で成功するためのポイント注意点 

 

異業種への転職は同業種への転職に比べると難度が高いといえますが、ポイントを押さえれば転職活動を有利に進めやすくなります。ここでは異業種への転職で成功するためのポイントと注意点を解説します。 

 

経験・スキルをどう活かせるのか明確に伝える 

 

異業種へ転職する場合、これまでの経験やスキルをどう活かせるか具体的に伝える必要があります。自身の能力が応募先の仕事内容にどれだけマッチするのか明確に伝えましょう。特に30代、40代以降の転職では、応募した業務における専門的なスキルやマネジメント経験などをアピールすること大切です。 

 

応募企業の業界・社風・事業内容を研究する 

 

異業種に転職する前は、入社後のミスマッチを防ぐために、応募企業の社風や事業内容を十分に研究する必要があります。業界へのイメージだけで決めてしまわないように、転職先でスキルを活かすことができるのか確認しましょう。 

また、大手企業からベンチャーへ転職した際に教育体制の違いなど、ギャップを感じる場合があります。応募企業のウェブサイトやセミナーなどを活用して、社風や環境をしっかり調査することが大切です。 

 

前職の仕事の進め方・方針に固執しない 

 

前の会社と転職先の新しい会社とでは、経営方針や行動指針が異なります。前の会社の仕事の進め方に固執してしまうと、ほかの社員と歩調が合わず、うまくいかない可能性もるでしょう 

特に、異業種転職する場合は、業界の風習ならびに応募企業に定着したノウハウをしっかりと理解することを心掛けてください。 

 

異業種へ転職は転職エージェントに相談するのが確実 

 

異業種への転職では、志望する業界を入念に研究すること大切す。また、自身のスキルや経験を活かすことができる企業を選ぶ必要があるでしょう 

RGFプロフェッショナルリクルートメントジャパンでは、業界に精通したコンサルタントが、求職者の皆様のキャリアスキルにマッチする企業をご紹介します。特に、外資系企業については、最新の市場動向を把握し、どのような人材が求められるのかなど、幅広い情報を有しています。 

異業種への転職で外資系企業を目指す方は、ぜひ一度ご相談ください。