Connecting...

新規会員登録
Blog / 転職エージェントを複数使い分けるには?メリットや注意点を解説
W1siziisijiwmjevmdevmtmvmdkvmdyvmzyvzjq4mwuznditztzmns00ytlmltlhmzytmjmzmjfmnmexnzhmlzitmsaonckuanbnil0swyjwiiwidgh1bwiilcixntmwedq4mfx1mdazyyjdxq

もくじ

転職エージェントを複数使い分けるには?メリットや注意点を解説

転職エージェントを利用すると、転職活動をスムーズに進めることができます。しかし、転職エージェントにはさまざまな種類がありますので、1つに絞るとなると迷ってしまうかもしれません。 

ここでは、転職エージェントを複数利用する方法やメリットのほか、上手に使い分けるコツをご紹介します。また、転職エージェントの選び方についても見ていきましょう。 

 

転職エージェントとは企業と求職者の仲介役 

 

転職エージェントは、求職者と企業の仲介を事業として行う企業です。求職者の人が転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、求職者のこれまでの経歴や希望などに合う求人を紹介してくれます。 

転職エージェントの具体的なサービス内容として、求職者の応募書類の添削や模擬面接のほか、求職者が内定したには、企業との待遇の交渉などが挙げられます。在職しながら転職活動を行う人などは、面接の日程調整など、企業とのやりとりに十分な時間を割けない場合がありますが、転職エージェントを利用すれば転職活動をスムーズに進めることが可能です。 

 

転職エージェントの種類と特徴 

 

転職エージェントは大きく、「総合型」と「特化型」の2種類に分けることができます。 

続いては、総合型転職エージェントと特化型転職エージェント、それぞれ特徴ご紹介します。 

 

総合型転職エージェント 

総合型転職エージェントは、さまざまな業界や職種の求人を数多く扱っているのが特徴です。 

求人数を重視する人や、社会人経験が浅く、自分に合う業界・職種がまだわからないという人には総合型転職エージェントがおすすめといえます。 

一方、総合型転職エージェントのキャリアアドバイザーは特化型転職エージェントと比べて業界・職種における専門性の面で劣る傾向があるため、技術職など専門的な職種を目指す人の場合、キャリアアドバイザーの知識不足を感じてしまう可能性があります。 

 

特化型転職エージェント 

特化型転職エージェントは、各業界に精通したアドバイザーが在籍しているのが特徴です。 

希望する業界の経験があり、実情を把握しているキャリアアドバイザーから専門的なアドバイスを受けて、転職活動を有利に進めることができる点がメリットといえます。 

ただし、特化型転職エージェントには、一般的に総合型転職エージェントと比べて求人数が少ないというデメリットがあります。これから自分に合う業界・職種を探したい人の場合、選択肢の幅が狭くなってしまう可能性もあります。 

 

複数転職エージェントを使うメリット 

 

 

 

特徴が異なる転職エージェントを、複数利用することでいくつかのメリットを享受することができます。 

続いては、転職エージェントを複数使うメリットについて見ていきましょう。 

 

多数の求人情報を入手できる 

転職エージェントでは、一般的な求人サイトで公開されていない「非公開求人」や、そのエージェントのみで紹介を受けることができる「独占求人」を扱っています。 

複数の転職エージェントに登録すれば、各社の非公開求人・独占求人を含む多数の求人情報を知ることが可能です。 

 

自分に合うキャリアアドバイザーに出会える可能性が高くなる 

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが転職活動のアドバイスやサポートを行ってくれます。複数の転職エージェントを利用することで、自分と相性が良く、信頼できるキャリアアドバイザーに出会える可能性が高くなります。 

また、複数のキャリアアドバイザーに相談すれば、転職に関して多角的な意見を聞くことが可能です。 

 

転職エージェントそれぞれのサービスを受けられる 

転職エージェントは「求人の量が多い」「特定の年齢層に強い」「特定の業界に強い」などそれぞれ強みとしているポイントが異なります。 

複数の転職エージェントを利用すれば、各社の強みを活かして効率的に転職活動を進めることが可能です。 

 

転職エージェントを比較検討できる 

利用している転職エージェントが1つだけで、希望の業界の求人が少ないなど、サービス内容が自分に合わなかった場合に、転職活動が失敗してしまうリスクがあります。 

転職エージェントを複数利用すれば、比較検討することで合わない転職エージェントを見極めることが可能です。また、複数の転職エージェントを利用して比較検討した上で、最終的に自分に合う13の転職エージェントに絞れば、転職が成功する可能性が高くなります。 

 

転職エージェントを複数利用する際の注意点や使い分けるコツ 

 

転職エージェントを複数利用することには多くのメリットがあります。しかし、利用の仕方を間違えてしまうと、転職活動がスムーズに進まなくなる場合があるでしょう。 

続いては、転職エージェントを複数利用する際の注意点や、上手に使い分けるコツをご紹介します。 

 

担当キャリアアドバイザー・チームで転職エージェントを選ぶ 

転職を成功させるには、転職エージェントの適切なサポートが不可欠であるといえます。 

「スキルとマッチする転職先を見極めてくれる」「希望する職種・業界の経験があり的確なサポートをしてくれる」など、自分に合うキャリアアドバイザーに出会えた場合、その転職エージェントに絞って転職活動を進めてもいいでしょう。 

転職エージェントによっては個別の担当が付かず、会社全体として案件の紹介を行う場合もあります。その場合は、その転職エージェントや主担当や担当チームのマネージャで見極める必要があります。 

 

転職エージェントを複数利用していることを隠さない 

転職エージェントを複数利用する際には、担当のキャリアアドバイザーやコンサルタントに、ほかに利用している転職エージェントがあることや、応募済の企業について伝えるようにしてください。 

担当のキャリアアドバイザーやコンサルタントが応募済の企業を把握した上で、適切な転職先を紹介してくれます。 

なお、一つの企業(またはポジション)に応募した場合、一定期間内は他の転職エージェントを通じて応募することはできません。トラブルが発生する可能性もあるため、応募先の企業に追いては隠さずに伝えることをおすすめします。 

 

スケジュール管理をしっかりする 

転職エージェントを複数利用する際には、スケジュール管理が重要になります。 

転職エージェントを複数利用すると、転職エージェントの担当者と連絡をとり合う回数や、応募する企業の数が増えますので、スケジュール管理をしていないとダブルブッキングなどのトラブルが発生する可能性があります 

転職エージェントを複数利用する際には、スマートフォンのカレンダーアプリやToDoリストなどを活用し転職活動をスムーズに進めてください。 

なお、転職エージェント複数利用する場合、23社程度にとどめておくのがおすすめです。 

 

転職エージェントを複数利用して転職を成功させよう 

 

総合型、特化型など、特徴が異なる複数の転職エージェントを上手に使い分ければ、転職活動を有利に進めることができます。また、複数の転職エージェントを利用することで、自分に合うキャリアアドバイザーに出会える可能性が高くなるでしょう転職活動では希望の業界・職種に詳しいキャリアアドバイザーのサポートを受けることが大切です。 

 

RGFプロフェッショナルリクルートメントジャパンでは、業界に精通したキャリアアドバイザーが求職者の経験や実績を踏まえて、最適な転職先をご紹介します。 

日本国内でビジネスを展開する外資系企業や日系グローバル企業など、幅広い求人を有しておりますので、転職先をお探しの方はご相談ください。